FC2ブログ

真面目なサイト

ここはどこにでもある普通の真面目なサイトです。

2013/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

真面目太郎は時空移動船を起動させ、とある異世界に辿り着いた。
周囲は暗くなっており夜のようだった。
時空移動船は道のど真ん中に停めてしまったので右にずらして停車させた。

「この世界も不真面目な臭いがするなぁ。でもまずは先にこの世界に逃げたと思われる
改造生物を捕まえなくては!」

と、そのときだった・・・・・

「ケケケ・・・・俺を捕獲しにきたってわけか・・・・そうはいかないぜ!!」

後方から何者かが大鎌を地面に投げつけた。

「うおっ、危なっ!」

真面目太郎は真面目真剣のおかげでなんとか素早い大鎌をかわすことができた。
そして大鎌が地面に刺さった部分を基点とした黒い穴が開いたので真面目太郎は素早く
よけた。

「ケケケ・・・・もう少しで異界に送れたのによぉ」

そこにはカラスのように黒ずくめの鳥人が立っていた。
真面目太郎は改造生物探知レーダーで彼に向けるとレーダーに『809』というナンバ
ーが現れた。さらに彼の腕にも『809』という数字が発光した。

「お前は改造生物だな?」

「ああ、そうさ。お前らに改造されたせいでな・・・・・俺の名前はダークデスサイス
様よ。貴様を俺の大鎌で切り刻んで異界に送ってやるぜ!」

「大鎌でくるならこちらも武器を使わせてもらう」

真面目太郎は力を集中させた。

『我、中に十二の雷鳴の化身に成りて、呪われし漆黒の刃と化せ。汝、暴風に到りて冷
酷なる邪悪な灰水と化せ。出でよ!!聖なる我が十二番目の黒き魔剣グランド・メカト
ロニクス・ロイヤル・ジハード・イクシオン・エクスカリバー・スペシャル・エキストラ
・荒れ狂い次郎丸・・・・!!』

真面目太郎はそう言って時空移動船から竹刀を取り出し、ダークデスサイスを倒そうと
したのだが彼の大鎌により見事に竹刀は両断された。

「・・・・ならば」

真面目太郎は再び時空移動船からもう一本の竹刀を取り出した。

「二代目荒れ狂い次郎丸なり!それでは、いざ!!」

だが、またしても竹刀は両断された。

「こうなったら真面目真剣の新たな必殺技を見せてやんよ!」

真面目太郎は力を集中させた。

「真面目真剣奥義・・・・・」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・!!!!


「真面目メタモルフォーゼ!!」


真面目太郎はそう言って時空移動船から異世界『夜の取引現場にて』
から手に入れた変身薬を飲んだ。

すると身体が徐々に変異し高校生くらいの少女に変身した。

「な・・・なんだ、その姿は・・・・?」

「俺の新必殺技・真面目メタモルフォーゼの力さ。俺は今やどこからどう見てもか弱い
女の子だ。そんな子に向かって攻撃できるはずがない!」

「くそっ・・・・。舐めやがって!!」

彼は躊躇した。真面目太郎はその隙を狙い・・・・・

「真面目パーッンチ!!」

「ぐはっ!!」

それにより改造生物(No.809)ダークデスサイスを気絶させた。それと同時に身体が再
び変異し少女の姿から元の自身の姿に戻った。

「どうやら元に戻ったみたいだな。少量だとこの程度の効果か」

真面目太郎は彼が気絶している間に改造生物探知レーダーに内蔵されている転送装置で
彼を真面目な世界に戻した。

「よし、後はこの不真面目な世界を変えるだけだ・・・・。ん・・・・誰か来た・・・・」

真面目太郎はダークデスサイスの持っていた大鎌を茂みの中に隠し、これからやってく
るこの世界の不真面目な根源を待ち伏せた。

おなにっき 第191話「異世界からの使者」


スポンサーサイト



時空移動船を使用して異世界【時系列順に真・身体強盗(第4話)(第5話)夜の取引現場にて
を巡った真面目太郎(22歳)は昼食を食べた後、小屋に時空移動船をしまうことにしたのだが・・・

「あれ?ここにも我が魔剣『荒れ狂い次郎丸』がある。まぁ、いいか。時空の歪みとか
何かで2つになったんだろう」

真面目 太郎は真面目そうに囁き回収した新たな竹刀とともに一緒にしまうことにし、そ
こには2本の竹刀が綺麗に並べられた。

そして時空移動船の中から『夜の取引現場にて』の世界から手に入れた戦利品であるド
リンク(変身薬)を取り出して小屋から出ていき家の中に入った。

そのとき家の中にある固定電話が鳴ったので出ることにした。
電話の相手は真面目太郎の大学の友達からだった。
なんでも彼がアルバイトとして働いている『生物化学研究所』が人手不足なため仕事を
手伝ってほしいとのこと。

真面目太郎は真面目なのですぐにそこに出向くことにした。
真面目な世界では電車や自動車といった乗り物の類はない代わりに空間と空間を繋ぎ合
わせ移動する『どこでもドア(場所限定)』なら危険ではないということで普通に存在し
ていた。

『どこでもドア』といっても他人の家の中や金庫、海外、宇宙空間などどこにでも行け
るわけではなくお店や学校、庁舎、特定の場所などに限定されている。

『生物化学研究所』の近くにも『どこでもドア(場所限定)』のゲートがあるので通勤が
便利だった。

真面目太郎はさっそく家に置いてある『どこでもドア(場所限定)』を使ってそこまで行くことにした。
すると扉を開くだけで瞬時にそこに行くことができた。

そして偶然にもゲートの近くに真面目太郎の友達が休憩しており一緒に研究所の中に入
ろうとした。

だがそのときだった。
建物が所々爆発した。

この真面目な世界では事件・事故等が起こるのは極めて稀なのだが爆発が起きてしまっ
たのだ。

あまりもの急な出来事に真面目太郎とその友達は中に入って様子を伺うことにした。
中に入るとこの研究所の所長が倒れているのを発見した。

話を伺うと異世界から持ってきた凶暴な生物(名前はブラックデビルと名付けた)が実
験中に急に暴れ出して研究所の至るところを爆発させ他の改造生物を従えて時空移動船
を使いいろいろな異世界に散らばったとのこと。

改造生物の個体数はブラックデビルを含めて1000体(個体には身体のどこかに登録
順にナンバーが記されている)・・・・。

ブラックデビルはナンバーが『1』で研究所創設直後に異世界から捕まえたもの。
すごく乱暴で知的な生物なので他の異世界に危害を加えかねなかった。

他の職員やアルバイトは改造生物探知レーダー(カウンター付き)を持って彼ら
を追うためにいろいろな異世界へと旅立った。
真面目太郎とその友達もそれに協力することになり改造生物の捕獲又は滅殺のため異世
界に旅立つことにした。

真面目太郎はさっそく家に帰り『改造生物探知レーダー(カウンター付き)』や彼の武器
である『荒れ狂い次郎丸』やついでに戦利品である『変身薬』を持ち異世界へと向か
った・・・・。